お問合せサイトマップメールマガジン

研究員

研究部 主任研究員
難波 了一(Nanba Ryoichi)

 

 主な経歴
 1999年 一橋大学経済学部卒業
 2007年 早稲田大学大学院経済学研究科修士課程修了
 2011年 内閣府経済社会総合研究所

 

 研究分野・専門分野
   マクロ経済学、景気分析、地域経済

 

 

主な実績

<業務実績>

中部社研経済レポートNo.14(2018年4月6日)
「2018年2月大雪が北陸の消費と生産に与えた影響について」


中部社研経済レポートNo.12(2017年10月31日)
「世代別消費構造の変化と近年のエンゲル係数上昇の要因について~全国、東海3県、北陸3県を中心として~」

中部社研経済レポートNo.10(2017年6月20日)
「 人手不足と賃金上昇の関係について ~北陸・東海で賃金上昇局面入りの確率が高まる~ 」

中部社研経済レポートNo.9(2017年3月23日)
「レゴランド ・ジャパン開業の経済効果について」

 

中部社研経済レポートNo.7(2016年12月27日)
「全国・中部圏(東海・北陸)の人手不足の現状と今後の推移について」

中部圏(東海3県・北陸3県・中部5県)の経済見通し(2017年2月2日)

中部圏(全国・北陸3県・東海3県・中部5県・中部9県各県)の経済見通し(2017年12月27日)

中部圏(東海3県・北陸3県・中部5県・中部9県)の景気動向および景気動向指数

<論文、著書>
Kyoji Fukao, Taisuke Kameda, Kota Nakamura, Ryoichi Namba and Masahiro Sato (2017) “Measurement of Deflators and Real Value Added in the Service Sector,” 経済分析,第194号.

Hirokuni Iiboshi, Tatsuyoshi Matsumae, Ryoichi Namba and Shin-Ichi Nishiyama (2015) “Estimating a DSGE Model for Japan in a Data- Rich Environment,” Journal of the Japanese and International Economies, vol.36, pp.25-55.

松前龍宜、飯星博邦、難波了一、西山慎一(2011)「観測誤差を伴うDSGEモデルの推定における複合MCMC法およびシミュレーションスムーザの適用」日本統計学会誌, vol.41(1), pp.83-121.

<対外活動実績>
“Decomposing Local Fiscal Multipliers: Evidence from Japan,”(Taisuke Kameda, Takayuki Tsurugaとの共同研究)2017年11月24日(京都大学「マクロ経済学研究会」)(発表)

「中部圏景気動向指数の開発について」2017年9月15日(日本経済研究センター「マクロモデル研究会」)(発表)

愛知学院大学経済学部非常勤講師

“Japan's 1st outdoor Legoland park opens in Nagoya,”(Kyodo News)2017年4月3日(コメント)

「季節調整の基礎」(平成26年度九州ブロック景気動向指数研究会)2014年10月(講師)