お問合せサイトマップメールマガジン

研究員

印刷用ページトップページ > 経済分析 > 研究員一覧>星野 真

経済分析・応用チーム 研究員
星野 真(Hoshino Masashi)

 

 主な経歴
 2001年 北海道大学経済学部経済学科卒業
 2006年 北京大学経済学院発展経済学系 高級進修生
 2009年 神戸大学大学院経済学研究科博士課程

      後期課程修了・博士(経済学)
 2009年 北海道大学スラブ研究センター 学術研究員
 2013年 早稲田大学政治経済学術院 助教

 

 

                         

研究分野・専門分野
地域経済、中国経済

 

主な実績

<業務実績>

中部社研経済レポートNo.11 (2017年7月12日)「 ロボット産業市場の現状について」

 

中部社研経済レポートNo.8(2017年1月23日)「訪日中国人観光客の爆買いの動向と今後について」


中部社研経済レポートNo.6(2016年9月27日)「北陸新幹線開業に伴う観光を中心とした影響について」


受託調査「中部圏のサービス産業の稼ぐ力の向上に関するデータ収集及び分析」(一般社団法人中部経済連合会、2016年度)


<論文、著書>
Hoshino M. (2014) “Convergence Clubs in China: A Comparative Analysis of East Asia and Emerging Nations”, International Journal of Economics and Business Modeling, 5(1), pp. 227–232.

Masashi Hoshino (2011) “Measurement of GDP per capita and Regional Disparities in China, 1979–2009”, RIEB Discussion Paper Series, DP2011(17).

星野真 (2011)「中国沿海和内陸地区製造業的全要素生産率2004–2007:基于対上市公司面板数据的研究」加藤弘之・呉柏均編『城市化与区域経済発展研究』華東理工大学出版社, pp. 165–177.

<対外活動実績>
早稲田大学政治経済学部非常勤講師

愛知学院大学経済学部非常勤講師

 

「『日中関係』を変える!? 愛知と中国の意外な“結びつき”とは?」(テレビ愛知『サンデージャーナル』)2017年2月5日(コメント)

「忍者博物館盛況 『モノ消費』から『体験』へシフト」(中日新聞・朝刊9面)2017年1月25日(コメント)

「アメリカ大統領選 この地域の反応そして影響は」(KATCHチャンネル『KATCH TIME 30』)2016年11月10日(コメント)

「来日中国人観光客の動向と地方経済 ~激動の中国をどう見るか(4)」(NHKラジオ第1『先読み!夕方ニュース』)2016年10月21日(出演)

「中国の経済成長率6.9%から何を読み取るか」(東京財団『Views on China 中国の今、プロが観る』)2016年3月4日(寄稿)

「内幕をよむ現代中国 中国経済(1)(2)」(早稲田大学エクステンションセンターオープンカレッジ2014年度冬講座)2015年1月27日–2月3日(外部講師)